So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

日の丸が世界1位に勝った日 [スポーツ]



スイスのバーゼルで行われているテニスATP世界ツアーのスイス・インドアで日本の錦織圭選手が世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を2-6、7-6、6-0で破り、決勝進出となった。

日本テニスの男子選手が世界1位を下す日が来ようとは…

形容の言葉が見つからない…

日本テニス界では女子で伊達選手や杉山選手など世界に通用する選手を輩出したものの、男子では松岡修造選手以外、ほとんど記憶に無い。

しかし、2011年の4大グランドスラムを3勝し、今年のシングルスでは3敗しかしていない文字通り、王者に君臨しているジョコビッチに勝てたことは今後の錦織選手にとって、得るものは計り知れないだろう。

様々なことが起きた2011年…

年の瀬も迫ったこの時期に素晴らしい朗報をもたらしてくれた錦織選手にありがとうと言いたい。

しかし、まだ決勝が残っている。。

決勝相手はおそらく地元の英雄のロジャー・フェデラー選手。

最近、往年の勢いはないが、テニス史上最高の選手との評価が高い稀代の名プレイヤーだ。

難敵だが、もう一段STEPを上がることを期待している。

そうしたら、近い将来、日本男子がグランドスラム制覇することも決して夢物語ではなくなるのではないか。。。

音楽の他には… [スポーツ]

さて、今まで音楽のことを書いてきましたが、ちょっとここで趣向を変えて…

音楽以外に興味があるのが何か記してみよう…

以下に記すことは今までブログ上ではほとんど語ったことはなかったのですが、ボクも音楽以外に興味を示している普通の人間だと思って頂ければ幸いです(笑)

スポーツは観るのもするのも昔から大好きでした。

【実践編】 

中学・高校時代水泳部所属。専門種目は自由形です。

まあ、たいした成績は収められませんでしたが、高校当時で100m自由形のベストタイムで58秒でした。(現在の世界記録46秒91、日本記録48秒73)

大学時代スキー部。主にデモスキー主体でした。冬シーズンは試験休み中はとあるスキー場の宿泊施設に泊り込み、バイトをしながら、スキー三昧でした。ここ数年、スキーしていないので、次期シーズンには是非と思ってます。

テニス…社会人になって、友人と1年ほどスクールに通いました。その後、毎週、土日に都内のスポーツ施設を予約してはテニスに明け暮れてました。

【観戦編】 

プロ野球阪神タイガースのファンです(昭和55年~)。昭和55年~と何故覚えているかと言えば、王選手の引退の年からと記憶しているからです(笑)タイガースの選手で特に印象深いのは長崎啓二さんです。大洋から移籍してきて、独特のバッティングホームが魅力でした。1985年の日本シリーズでの満塁ホームランが記憶に鮮明です。今は鳥谷選手を特に応援してます。

テニス…今でもグランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)は欠かさず観てます。

今までで特に好きだった選手は女子ではクリス・エバート・ロイド。この頃はまだマッケンローやベッカーなどのスター選手が現役でクリス・エバート選手については容姿から入った気がします[たらーっ(汗)]

481613730.jpg

男子ではアンドレ・アガシでした。

4636346.jpg

この頃は当時のスター選手:ピート・サンプラスに代表されるように『サーブ&ボレー』というプレースタイルが人気でした。が、ボクはグランドストロークという長いラリーの応酬にとても心惹かれました。また、世界一のリターナーと呼ばれたアガシが当時の並居るビッグサーバーが放つ200kmを超えるサービスを見事にダウンザラインにリターンエースを決めたところなど…鳥肌モノでした。

テニスも今はなかなか出来てないですね。。。また、いつか定期的にPLAYしたいのですが。。。

競馬…これは実は相当入れ込んでいた時期があります(笑)

初めて買った馬券は1992年菊花賞。当時、無敵を誇ったミホノブルボンを差し切り、見事、菊花賞馬となったライスシャワー。何も知らずに名前だけで単勝馬券を購入し、的中。ビギナーズラックというヤツです。

93rice01R.jpg

思い出の名馬です。

昔はオートバイに乗って、よく中山や東京競馬場に行きました。

あと、興味に拍車をかけたのが【ダービースタリオン】というゲームのおかげでした(笑)

516DMv%2BlsmL.jpg

当時は競走馬の血統に妙に詳しかったです…

このゲームは自分の育てた馬のコードを入力すると、それぞれの持ち寄った馬同士で一つのゲームソフト上でレースが出来たので、夜な夜な熱中したものでした。。。

今はなかなかそんな活動をすることは叶わず(笑)、音楽に関することのみ継続してますが…

また、折に触れて、他の興味深いことにも言及していけたらと思いますが、今回はここまでということで。。。

 


さびしいですね。。。 [スポーツ]

昨日、元ジャイアンツ~タイガースでエースとして活躍した小林繁氏が急性心不全のため、57歳で亡くなられたという訃報を聴きました。。。

実は僕はなぜか昭和55年からタイガースファン一筋を貫いている、トラキチです。。。

小林繁氏といえば、プロ野球ファンであれば、誰もが1978年にプロ野球界を震撼させた''空白の一日''を思い出すことでしょう。。。

そして、それから、29年後の2007年黄桜酒造のCMでの当事者二人の衝撃的な対談CMが実に印象に残っています。。。

当時の対談の様子はドキュメントで見ましたが、ものすごく心に響きました。。。

江川卓氏が抱えていた30年もの苦悩・・・小林繁氏が抱えていた30年もの葛藤・・・さまざまな思いが・・・人間模様が・・・これほど集約しているのはあんまり見たことがありませんでした。。。

そして、今回の小林氏の突然の訃報・・・
ものすごくショックです。。。

深くご冥福を祈ります。。。

当時、TVで見たドキュメントがありましたので、ここに載せます。



いい投手だったなぁ。。。

ン十年ぶりの・・・ [スポーツ]

2010年2件目の記事です

早いもので新年が幕開けしてから、早や10日

仕事が始まったかと思えば、またすぐに三連休

お正月休みの余韻はまだ続いている僕ですが(笑)昨日、今日と連日、ン十年ぶりにチャレンジしたことがありました

まずは・・・

スケート


もうすぐバンクーバーオリンピック・・・って別に倣ったわけではありませんが(笑)、近隣でスケート場があるというので行ってきました
まあ、かれこれ20年以上はしていないと思われ・・・身体が覚えているかと思いましたが、最初はオッカナビックリ状態でした
途中からようやく調子が出てきましたが、子供たちは初の経験
でもさすがに覚えが早いのか、ものの1時間強でそこそこ滑れるようになってました。。。

でも当日のスケート場は大混雑


あんまり広くもないし、今はスケート場ってそんなにないんでしょうね。。。人にぶつからないよう気をつけて滑りましたが、いい汗がかけました

そして、お次は餅つき

これも知人の家で行うというので、ちょっと行って来ました

これこれ、こんな臼でしたね


杵が思いのほか、重かったです


当日の夜から、腕が筋肉痛になりました
%%当日、筋肉痛が来た事はちょっぴり嬉しかったりして%%

このあと、お雑煮やあんこやきなこやずんだ豆をまぶしたお餅が多数出てきて、美味しく頂いたのですが、食べるのに集中しすぎて、肝心なその写真を写すのをすっかり忘れました

2日間いい汗かきました

(おまけ)


さて、こんな日々の出来事も昨年よりは書きたいのですが、こんな記事の末には思いつく古今東西の好きな邦楽曲の動画を貼り付けようと思います
もし、お時間があればお耳を傾けて見てくださいね

Almost in Love / Chemistry



ウインブルドン2009 男子決勝 観戦記 [スポーツ]

久々のテニスネタです

昨晩、ウィンブルドン選手権の男子決勝を見て、史上稀に見る大激戦だったので、未だに興奮冷めやらずの状態です
試合の壮烈さは総ゲーム数『77ゲーム』(グランドスラムの長い歴史の中で最多ゲーム数)、試合時間『4時間17分』が物語ってます
最後のセットゲームだけで『1時間半』はありました。。。
グランドスラムとは全豪、全仏、全英(ウインブルドン)、全米の4大大会のことで、この大会に優勝することが全テニスプレイヤーの目標です

さて、今回のウインブルドンはロジャー・フェデラー(スイス)が最も得意とするサーフェイス(芝コート)で、今回優勝すると、グランドスラム最多優勝回数:15回が実現ということで大会前からかなりの話題になっていました

また、昨年のウインブルドンの覇者でフェデラーの最大のライバルであるラファエル・ナダル(スペイン)は怪我で本大会を欠場ということもあって、優勝する確立はかなり高いとされてました
私も実際そう思っていたのですが、大会を継続的に見るに連れ、アンディ・ロディックの充実ぶりが目に付くようになり、これはひょっとしたら……という期待感が出てきておりました。。。

さて、決勝当日、組合せはフェデラーとロディック

ロディックの調子が良さそうだと言っても、下馬評は圧倒的にフェデラー

実際、フェデラーの歴史的瞬間を一目見ようと大会前まで、フェデラーとグランドスラム最多優勝回数タイ記録で並んでいたピート・サンプラス(アメリカ)やビョルン・ボルグ、ジミー・コナーズなど、往年の名選手の顔もスタンドには見られていました

結果は周知の通りですが、今回のゲームで一番印象に残ったのは、アンディ・ロディック(アメリカ)の凄まじい成長の跡でした
最後のセットのタイブレーク:フェデラー(16-14)ロディックは息つく暇もなく、TVの画面に食い入る様に見とれてました。。。

ロディックはジュニア時代から、次代のニュースターとして期待されていました
ロディックのイメージとしては200kmを超える強烈無比なサーブが魅力で、いわゆる【ビッグサーバー】といわれるタイプでした。
ただ、ストローク戦(フォアハンドやバックハンドでの打合いをいう)になると、粗さが見られ、凡ミスも多く、まだまだこれからだなという感じがしてました。。。

テニススタイルは違います(どちらかと言えばピート・サンプラスに近い)がアンドレ・アガシのファンだった私はアガシの後継者的な存在として、全米オープンを制する前から、その動向には注目していました

ただ、ここ1~2年はどちらかといえば伸び悩んでいる感があり、今年に入ってからはあまりチェック出来てはいませんでした。。。

ちなみにロディックのグランドスラムでの成績は下記の通りです



2003年にグランドスラムのひとつである全米オープンに優勝して以来、昨日の出来であれば、2回目のグランドスラム優勝しかもそれは中でも一番権威のあるウインブルドンへというケースも充分見れるかと思いましたが、今回はまたしても王者フェデラーの厚い壁に跳ね返されました

しかし、この経験はロディックにとって何にも変え難いものだと思うし、近い将来、ウインブルドンの覇者として、ロディックがトロフィーを掲げる姿を見るのはそう遠くは無いでしょう。。。

何だかロディックの応援記になってしまいましたね(笑)

でも、ここ1、2年のフェデラー、ナダルの2強時代に割って入る勢いのロディック復活は今後のテニスファンに大きな希望と期待を与えてくれたと思います

というわけで午前3時過ぎまで起きていた私は今日の仕事中、数え切れないほどのあくびヽ(  ̄○)ゞ。o○をしていたのは言うまでもありません(笑)

【全米オープンテニス】71年振りの快挙 [スポーツ]

出先からですが、先程、車のラジオでビッグニュースを聞きました\(^o^)/

全米オープンテニスに参戦中の錦織選手が3回戦で世界4位のフェレール選手にフルセットの末、勝利(^-^)/

日本男子選手としては71年振りの快挙だそうです(^o^)/

これでベスト16!これはひょっとしたらひょっとするかも知れません。。。

【全米オープンテニス】 錦織選手3回戦進出!! [スポーツ]

朝から、珍しく記事を書きますが、以前より、注目しているテニスの錦織圭選手が現在、開催されている全米オープンテニスで、日本男子としては、35年振りの3回戦進出を果たしました\(^o^)/

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/tennis/headlines/other/20080829-00000002-kyodo_sp-spo.html[
関連記事]

北京五輪が終わり、いつの間にか始まっていた全米オープンテニスですが、久々に世界で通用する男子テニス選手の活躍に嬉しくて、嬉しくて

今後もどこまでいくかですが、是非注目したいです

残念(ウインブルドン) [スポーツ]

23日から始まったテニスのウインブルドン選手権ですが、初日登場の錦織圭選手が第3セットの途中で負傷棄権という結果になってしまったそうです

詳細ニュース

前哨戦で世界2位のラファエル・ナダル選手(スペイン)相手に善戦していただけに否が応にも期待は高まっていたのですが、直前の試合で腹筋を痛めて、体調万全ではなかったそうです。。。

グランドスラムにストレートインする日本テニス男子選手は今は錦織選手だけなので、ケガを早く治して、次の全米オープンに臨んでもらいたいモノです

がんばれ錦織選手

11年のブランク? [スポーツ]

現在、岐阜で開催されているITF女子プロテニスサーキットのカンガルー国際女子オープンでクルム伊達公子選手が第3シードのメラニー・サウスをストレートで破り、明日の決勝に進んだそうです

かつて、世界4位まで登りつめた超一流のテニスプレイヤーとは言え、現役を退いてから11年の歳月が流れています。

伊達さんの年齢は37歳。通常の常識なら考えられないですが、フィクションみたいでありながら、事実です

現役復帰会見のときは若手の刺激になればと話されてましたが、これはちょっと刺激どころじゃないですネ

今のところ、世界ツアーに出る予定は無いそうですが、明日の決勝も勝ち、優勝なんてことになると、その先の動向にはちょっと期待してしまいます。。。

【祝】ツアー初優勝ヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノ [スポーツ]

明日は半年振りに広島に出張に行きます

定例の会議&親睦会がありますので

それはさておき、今回はテニスネタです
先日、プロテニス(ATP)ツアーで18歳の日本人男子:''錦織圭(にしこりけい)''さんが''ツアー初優勝''を遂げたそうですネ
しかも決勝の相手は世界ランキング11位:ジェームス・ブレイク(アメリカ)でした\(◎o◎)/!
ブレイクは今でも世界TOPランクですから、大金星です

日本人男子でATPツアーに優勝したのはあの松岡修造氏以来で16年振りで2人目だそうです
私、昔からテニス観戦大好きですが、日本人男子は全く活躍出来る選手がいなくて、松岡サンがウインブルドンのセンターコートであの(と言っても知らないかもしれませんが)''ピート・サンプラス''と対戦したのが唯一印象に残ってるくらいでした

錦織圭さんには是非、日本人初のグランドスラム制覇を目指してもらいたんもんですo(^_^)oあ、でも、すでにメディアが加熱しているみたいなので、出来るだけソッとしておいて欲しいと願うばかりです。。。
(石川遼くんみたいな攻勢はNGです

ということでお祝いと今後に期待を込めてこの曲をお送りしたいと思いマス

『Winner Takes It All』 by Sammy Hagar (1987)




この歌はシルベスター・スタローン主演の『Over The Top』の主題歌ですこの映画の場合はアームレスリングですが、まあ『Over The Top』ということで。。。
前の10件 | - スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。