So-net無料ブログ作成

I Just Can't Let Go / David Pack (1985) [洋楽(80年代)]

ご無沙汰してます。。。

ようやく2012年最初の記事を書くことが出来ました。

まだ、これからもインターバルはあると思いますが、やっぱり好きな音楽のことを書くことが自分を活かしてくれるんだなぁって。。。

本年もよろしくお願いします。

---------------------------------------

1970年後半から80年前半に掛けて、Mellowな音楽を数多く世に出したバンド、Ambrosiaの中心人物、デイヴィッド・パックが1985年にリリースした1stソロアルバム『Anywhere You Go』から、珠曲のバラードナンバー「I Just Can't Let Go」。

この曲のクレジットにはVocal Trio&Arrangementと表して、Michael McDonald、James Ingramの名がある。

やっぱり肌に合うなぁ、こういう音楽は…


Anywhere You Go

Anywhere You Go

  • アーティスト: David Pack
  • 出版社/メーカー: Wounded Bird Records
  • 発売日: 1985
  • メディア: CD






Oh, what's the matter baby?
どうしたんだ?
Is the truth too hard to hear?
ホントのことを知りたくないないのかい?
Well, I think you know I'm not the one who lied.
きみはボクが本当のことしか言ってないと分かってくれていると思っていたよ
Now it's all behind us
それがいままでのふたりの全てなんだと

And we both play out our lives
ボクたちは生きていくことに疲れているようだ
But the years don't change the way I feel inside.
でもボクの中身はなにも変わっちゃいない
So I'll play the game now
人生はゲームのようなものだ
Though it feels the same now
それは今も同じだと感じているのに
Are you missin' me?
きみはボクを必要だと感じてくれているかい?

Well, baby, just be aware
ああ、どうか気づいておくれ
Of how much I still care
いまもこんなにきみが気になるんだ
Oh, I need your love...
きみの愛がボクには必要なんだ

Chorus

I gave to you my heart and soul
ボクはきみに何もかもさらけ出してきた
Now I just need to let you know
いま、ボクはきみに知って欲しいんだ
you're part of me that I just can't let go.
きみはボクのかけらなんだ どこにも行かせたくない

Well, tell me something baby,
何とか言ってくれよ
Is there still something inside
きみの中にまだあのころのふたりを
To remind you of the way it used to be?
思い出せるかけらは残っていないのか
And how the years they go by
どれほど年月が経っていても
Still there's something I must say
ぼくはまだきみに伝えなきゃならない
No one ever could have loved you more than me.
ボクほどきみを愛したヤツはいない

So I'm passin' time now
そんなことを思いながら、刻々と時は流れている
Wishin' you were mine now
今もきみがボクのものになることを願いながら
Are you missin' me?
きみはそんな風にボクのことを思ってくれているだろうか?

Well, you know it's not too late
遅すぎることなんてないさ
Oh, how long must I wait?
どんなに待たされたって
Oh, to hear you say..
きみの口からその言葉を聴くまでは

Repeat Chorus

And I need your love
きみが欲しい
And I need your love
きみのことが必要なんだ
Everywhere I go there's a memory
どこに行ったって、きみとの思い出の場所ばかりだ
If you can't decide on me
いまはボクを選ぶことが出来ないとしても
Well, you gotta make up your mind
きみはいつかきっと決心してくれる
'Cause some day you're gonna find
いつかきみは自分の気持ちに気付くんだ
You just might need me
きみに必要なのはボクなんだって


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。