So-net無料ブログ作成

日の丸が世界1位に勝った日 [スポーツ]



スイスのバーゼルで行われているテニスATP世界ツアーのスイス・インドアで日本の錦織圭選手が世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を2-6、7-6、6-0で破り、決勝進出となった。

日本テニスの男子選手が世界1位を下す日が来ようとは…

形容の言葉が見つからない…

日本テニス界では女子で伊達選手や杉山選手など世界に通用する選手を輩出したものの、男子では松岡修造選手以外、ほとんど記憶に無い。

しかし、2011年の4大グランドスラムを3勝し、今年のシングルスでは3敗しかしていない文字通り、王者に君臨しているジョコビッチに勝てたことは今後の錦織選手にとって、得るものは計り知れないだろう。

様々なことが起きた2011年…

年の瀬も迫ったこの時期に素晴らしい朗報をもたらしてくれた錦織選手にありがとうと言いたい。

しかし、まだ決勝が残っている。。

決勝相手はおそらく地元の英雄のロジャー・フェデラー選手。

最近、往年の勢いはないが、テニス史上最高の選手との評価が高い稀代の名プレイヤーだ。

難敵だが、もう一段STEPを上がることを期待している。

そうしたら、近い将来、日本男子がグランドスラム制覇することも決して夢物語ではなくなるのではないか。。。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。